アジアンエステは今人気な性的サービス

アジアンエステは今人気な性的サービス

男性に人気のアジアっ娘がリンパへの刺激や、股間周辺へ優しくタッチをしてくれるのがアジアンエステ人気の要因となっています。
またお尻の穴に指を入れて刺激をするサービスも提供されており、新しい刺激に目覚めてしまうかもしれませんね。
ホテルに呼んで完全なプライベートな空間で癒してもらうのもアジアンエステのマッサージルームも良いですがいいものです。
多くの男性のエロ心をくすぐる下着姿や水着姿などで施術をしてくれるアジアンエステも中にはあります。

 

通常のマッサージから徐々に性感帯への刺激サービスとなり、最後には手で射精をお手伝いしてくれることになりますので、ジャンル的にはれっきとした風俗なのです。
マッサージだけでは溜ったものは出してもらうことが出来ないからこそ、アジアンエステは今人気が高くなっているのです。



アジアンエステは今人気な性的サービスブログ:12月03日

一般的におかしやショートケーキは、
「減量の大敵」と言われています。
これは、客観的に見ると「真実」だと思います。

しかし「減量の大敵」は、
本当に減量中は、
一切摂ってはいけないものなのでしょうか?

そこであたしは、おかしについて調べてみました。

まず、おかしを食べた時の体の動きを追ってみると…

糖分が多いおかしを食べると急激に血糖値が上がり、
インスリンと言うホルモンが分泌され
その作用によりその血糖を脂肪に変えて、脂肪細胞に貯め込みます。

血糖値は急激に上がるので、食べたその時はウエストが膨れますが、
インスリンが大量に分泌されると、その血糖を脂肪に変えて貯め込むので、
今度は急激に血糖値が下がります。
血糖値が下がると、今度は空腹感が襲ってきます。

つまり、おかしやショートケーキなどの糖分が多い食品は
「その場の満腹感はある」
「しかし、脂肪に貯め込みやすく」
「すぐにウエストが空いてしまう、腹持ちの悪い食品」
なのです。

だから「減量には大敵」の食品なんですね。

また砂糖の甘みは、
脳の摂食中枢に直接刺激を与えるものであり、
食べた記憶が強く脳裏に焼きつきます。

これによって、
実際にはおかしが空いていないのに、
テレビのCM等を見ただけで食べたくなってしまう
「認知性食欲」も刺激されやすいのです。

これが「間食」の引き金になっています。

特に女性の体は、
妊娠や出産と言う「大仕事」をこなすため、
その様な場合に備えて、
普段からエネルギー貯蔵しようする本能が強くなっています。

これがいわゆる「デザートは別腹」的な現象の理由なんです。


ホーム サイトマップ