予め覚えておきたい『メンズエステ』についての情報をご紹介しています。
メンズエステの利用でリフレッシュを求める

メンズエステの利用でリフレッシュを求める


メンズエステの利用でリフレッシュを求める
全国的に小さな駅前などでもメンズエステという看板を多く見かけるようになり、個室でエステシャンから性的なサービスを受けることができます。
シャワーを完備している店舗型も多いですが、最近では派遣型としてメンズエステを経営しているお店もあります。
女性は風俗嬢ではなく、メンズエステではエステシャンと呼ばれており、マッサージのテクニックを持っている人がサービスをしてくれます。
全く未経験のエステシャンの場合、マッサージで満足出来ないケースもありますが、本物のエステシャンの場合驚くほどの快楽を味わえます。

メンズエステではソフトなサービスがメインとなりますが、在籍をしている女性はヘルスなどと比較をして高い容姿レベルの女性が多くなっているのが大きな特徴です。
デリヘルタイプでしたら、一緒にバスルームに入ってくれ、トップレスや全裸でのマッサージもオプションで付けることも出来るケースが多くあります。



メンズエステの利用でリフレッシュを求めるブログ:08月12日

終戦直後、
あたくしたち一家は、谷中の3軒長屋で暮らしていた。

詳しく言えば、
母と姉貴とあたくしの3人で、
パパは南方戦線からまだ戻っていなかった。

当時の7時食は、
どの家もたいてい芋粥だった。

お粥の部分は姉貴とあたくしが食べ、
母はいつもサツマイモの部分を拾って食べていた。

まだ小さかったあたくしは、
母はサツマイモが好きなのだと思っていた。

そして午後のご馳走は焼芋である。
外でチャンバラごっこをしていたあたくしは、
今まさに新撰組と切り結んでいる最中に、
「やきいもー」という焼芋屋の声がする。

そうなるともう新撰組もない。
あたくしはあわてて家に駆け込み、
無駄でも「焼芋買ってくれ!」と母に頼むのであった。

サツマイモばかり食べている毎日なのに、
なんでまた焼芋かと言えば、
あたくしたちが普段食べていたサツマイモは
「タイハク」とかいう水っぽいものなのだが、
焼芋屋の芋はホントに美味い「キントキ」だったのである。

そんなわけで、
姉貴とあたくしはたまに焼芋にありつけるのだが、
母は決して焼芋を食べることはなかった。

いつも「焼芋は胸が焼ける」「今日は食欲不振」と言って、
焼芋にかぶりつくあたくしたちを見てただ笑っているだけであった。

しばらくすると、
お米もちゃんと配給になり、
食パンだって何時間も並べば買えるようになった。

やがて、パパも南方戦線から帰って来て
あたくしたちは長屋を引っ越し、サツマイモなど長屋時代の思い出は
遥か遠いものとなっていった。

姉貴とあたくしにお粥を食べさせようとして、
自分はサツマイモの部分を食べていた母。

そのくせ、お金がないためか自分だけ焼芋を食べなかった母。
母は一体、サツマイモが好きだったのか嫌いだったのか…

今年の中秋の名月の日には、
母の仏前に焼芋でも供えようかとあたくしは思う。
メンズエステの利用でリフレッシュを求める

メンズエステの利用でリフレッシュを求める

★メニュー

風俗初心者に是非ともオススメしたい回春
密着エステは仕事などで疲れが溜まっている人にオススメ
韓国エステでは韓国で伝わるツボを刺激
オイルマッサージはクセになってしまう快楽がある
回春マッサージは股間周辺などリンパへの刺激が特徴
一般的なタイ古式マッサージにおけるサービス内容
アジアンエステは今人気な性的サービス
都市部でも地方でもあるデリヘル求人のエステタイプ
メンズエステの利用でリフレッシュを求める
風俗バイトでもマッサージはヘルスは違います


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)管理人推奨!怒涛の風俗マッサージくらぶ